横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.お金を渡した証拠がなくても簡易裁判所の支払督促はできますか?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.お金を渡した証拠がなくても簡易裁判所の支払督促はできますか?

金銭の貸付等で、簡易裁判所の支払督促手続を使うことがあります。

通常の裁判よりも費用が安く、相手が争わない場合等に使うことが多いです。

少額の債権であったり、債権回収会社等が使うことが多いです。

 

裁判でも支払督促でも同じですが、証拠がなければ手続きができないのではないか、という誤解があります。

これは誤解です。

証拠がなくても、裁判も支払督促も使うこと自体はできます。

ただ、相手が争ってきたら、そこで初めて証拠が必要になります。その際に証明が不十分だと負けてしまう可能性があるわけです。

債権回収会社等が、消滅時効期間が過ぎている債権でも裁判を起こしてくるのは、相手が時効の主張をしなければ請求が認められるからです。

 

支払督促については、相手が異議を出せば、通常裁判の手続になります。

そこで、相手が、「お金を渡したこと」自体を争えば、その証拠が必要になってくるでしょう。

「お金を渡したこと」は争わず、それはもらったとか、返したと相手が主張してきたときには、「お金を渡したこと」の証拠は必要ないことになります。

 

自分で支払督促、裁判等をする場合には、このような構造を頭に入れて進めるようにしてください。

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

9/29相談会開催


厚木本店

9/21相談会開催

ページトップへ