横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.3年後に不貞慰謝料の請求が来たら?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.3年後に不貞慰謝料の請求が来たら?

交際していた男性と関係を持っていて、その妻から「もう連絡を取らないで欲しい」というメッセージが来たので、その後は関係を断った。しかし、3年以上が過ぎてから突然慰謝料の請求がされたという相談があります。

男性に妻がいることを認識していて、肉体関係を持っていた場合、不貞行為となり、妻に対する慰謝料の支払義務があります。

しかし、当初は請求されず、数年後に請求されるということもあります。

なぜなのでしょうか。

 

妻としては、不貞関係を断たせることを目的として、まず別れさせる、そのうえで婚姻関係を守ろうとします。

しかし、結局、夫婦関係はうまく行かず、後から不貞相手に請求をしたいと考え直すことが多いのです。

 

不貞を理由にする第三者への慰謝料の請求については、不貞相手を知ってから3年が過ぎると事項になるといわれています。


そのため、3年以上が過ぎてからこのような請求を受けた場合には、時効だと主張することで慰謝料の請求を免れることができる可能性があります。

 

まずは、自分のことを妻に知られてから3年が過ぎていることを客観的な証拠で証明できるかが大事になります。


最初に妻から来たメッセージの内容や、その時期が非常に重要なポイントになりますので、それをしっかり保存確保しておく必要があります。


証拠が残っている場合に、そのような請求を受けたら、しっかり時効の主張をして、支払いを拒絶することは何の問題もありません。

 

当事務所では、そのような反論書の作成、交渉も対応しておりますので、ぜひご相談ください。

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催


厚木本店

7/6相談会開催

ページトップへ