横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.相続放棄と自宅保証人の責任は?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.相続放棄と自宅保証人の責任は?

親や兄弟が自宅を借りる際の連帯保証人になることはあると思います。

そのような親や兄弟が多額の借金を残して亡くなった場合、相続放棄をしたいと通常は考えます。

 

一方で、自宅を借りた際の賃貸借契約では、連帯保証人になるため、大家さんからは保証人として明渡を求められます。

その際、自宅にある動産を処分して自宅を明け渡すと、相続放棄の際の単純承認になってしまうのではないかと心配される人も多いです。

財産を処分した場合には、単純承認扱いになり、相続放棄はできなくなります。

 

一方で連帯保証人の責任があるため、自宅を明け渡さないと毎月の賃料相当額を支払う義務が出てきてしまいます。

 

この問題については、財産価値がない動産の片付けならば、管理の範囲内として処分にならず、相続放棄が可能と言われます。

過去の裁判例では、一定の形見分け程度のものであれば、単純承認にあたらないとしたものもあります。

 

比較的、責任が発生するリスクをへらす方法としては、写真等の証拠を確保した上で、財産価値がありそうなものは別途保管、無価値なものを片付けて明渡という方法ではないかと思います。

 

実務上、被相続人の借金が、消費者金融、クレジット会社などの金融機関であれば、自宅の片付けをしたからといって、相続放棄の無効を主張し争ってくる可能性は低いでしょう。

 

当事務所では、相続放棄絡みの相談も多く受け付けていますので、ご心配な方はご相談ください。

 

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催


厚木本店

7/6相談会開催

ページトップへ