横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.保証人でも信用情報の異動になる?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.保証人でも信用情報の異動になる?

貸金契約やクレジット、リース契約の連帯保証人から相談を受けることがあります。

本来の支払者である主たる債務者が延滞等により、信用情報機関に異動登録される場合、保証人も異動登録がされてしまうことがあります。

その後、主たる債務者側で分割払いの支払合意などをしていても、異動情報は変わりません。

いわゆるブラック状態と呼ばれるものです。

延滞により、支払義務がある連帯保証人も同じような延滞状態とされるものです。

 

このような場合、自分のカード等で延滞などがなくても、新しいローンの審査で引っかかることがあります。

また、なかには、すでにお使いのカードが利用停止されてしまうこともあります。

 

保証人の責任は、このような点にまで及びます。

連帯保証人にはならないのがベストですが、万一、なってしまっているという人は、主たる債務者が延滞にならないか厳しい目でチェックし続ける必要があるのです。

 

ご自身の信用情報という点からも、この点を意識しておくようにしましょう。

 

 

保証債務に関する法律相談も受け付けておりますので、ご希望の方は以下のボタンよりお申し込みください。

 

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

7/14相談会開催


厚木本店

7/15相談会開催

ページトップへ