横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.少額だから払ったら相続放棄できない?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.少額だから支払ったら相続放棄できない?

相続放棄の相談で、相続が発生して、少額の債務だけがあるので、支払おうか悩んでいるという相談があります。

ただ、後から多額の請求が来たら、その時点で相続放棄をしたいと考える方も多いです。

 

相続放棄の期限は、原則3ヶ月です。

最高裁の判断で、財産や債務を知らなかった場合に、これを認識してから3ヶ月の期限はスタートするというものもあります。また、この基準よりも緩やかな基準で相続放棄を有効とする下級審の裁判例も多数あります。

 

しかし、3ヶ月経過後の相続放棄には、債権者によって無効だと争われるリスクがあります。

相続絡みの様々な手続をすすめることで、単純承認とされてしまうこともあります。

それゆえ、なるべく慎重に動いたほうが良いことになります。

まずは、相続債務の調査をしたうえで、債務がなさそうと判断するなら、少額の債務のみ対応して相続放棄はしない、という選択肢もありかと思います。

債務の調査については、CIC、JICCなどの信用情報機関を検索して、被相続人の負債について調査していきます。

調査に時間がかかり、3ヶ月が過ぎてしまいそうという場合には、その期間を伸長してもらう手続を裁判所にします。

 

相続放棄や熟慮期間の伸長に関する法律相談も受け付けておりますので、ご希望の方は以下のボタンよりお申し込みください。

 

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催


厚木本店

7/6相談会開催

ページトップへ