横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.風俗の仕事をバラすのは名誉毀損?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.風俗の仕事をバラすのは名誉毀損?

男性の中には、女性の弱みにつけこんで性的関係を持とうとする人もいます。

女性の弱みの中で、過去に風俗で働いていた、または現在も働いている、という情報を知り、これを別の職場や知人等にバラすと脅してくる人もいます。

通常、女性は、このような事実を第三者に知られたくないでしょう。

そのような弱みにつけ込んでの行動です。

 

このように風俗の仕事を、現在の職場等にバラすという行為は、名誉毀損になるでしょう。

また、そのような弱みにつけこみ、性的関係の強要や、その際に拒絶しているのに動画を撮影しようとするなどの行為は、違法行為になるでしょう。

メールやLINE等でそのようなやりとりが証拠として残っていれば、過去の行為についても慰謝料の請求ができるものでしょう。

 

似たようなものとして、お金を貸す際に、性的関係を求めるひととき融資もありますが、こちらも性的関係の強要であれば、違法になり得る行為でしょう。

 

このような男性の言動に悩んでいる方は、まず、名誉毀損等を事前に防止するためにも、万一、バラすなどした場合には、名誉毀損にあたること、その場合には損害賠償請求をすることを毅然とした態度で伝えることでしょう。

 

弁護士による通知書案の作成や、弁護士名義での内容証明郵便での警告等も対応していますので、お困りの方は、以下のボタンよりお申し込みください。

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催


厚木本店

7/6相談会開催

ページトップへ