横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.離婚調停で、一度不成立の希望を出したが、撤回できますか?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.離婚調停で、一度不成立の希望を出したが、撤回できますか?

離婚調停は、家庭裁判所を通じた話し合いの場です。

話し合いが不可能だと判断された場合には、不成立、不調となります。

たとえば、一方がどうしても離婚したいと希望していて、他方はどうしても離婚したくないという希望の場合、この希望が変更しないと判断されれば不成立になります。

 

ただ、調停員は、この希望が変更されるかもしれないとも考えます。

そこで、直ちには、不成立にならない事件も多いです。

 

調停について、次回期日が指定されているのであれば、意見が変わるかもしれないということを前提に、話し合いが続けられることになっています。

一度出した不成立の希望も撤回が可能です。

次回期日の指定がある場合には、裁判所は話し合いの継続を探っている状況です。

不成立希望の撤回をあえて拒む可能性は低いです。

 

これに対し、既に不成立で調停が終了している場合には、撤回して再開することはできません。

再度の話し合いを希望するのであれば、改めて調停を申立てするか、調停外で協議をするほかありません。

 

離婚交渉、調停にも対応していますので、ご相談ご希望の方は以下のボタンよりお申し込みください。

 

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

9/29相談会開催


厚木本店

9/21相談会開催

ページトップへ