横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.偏頗弁済、個人再生では相手に通知が行きますか?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.偏頗弁済、個人再生では相手に通知が行きますか?

偏頗弁済は、他の借金支払を止めたのに、一部の支払をしてしまう問題です。

親族、友人にだけ返済を続けたりする問題です。

このような偏頗弁済があり、自己破産をすると、破産法の要件を満たしている場合には、破産管財人がこの弁済を否認し、偏頗弁済を受け取った相手から回収をしに行きます。

そのため、相手に通知されることになります。

 

自己破産手続きに対して、個人再生では、破産管財人による否認の制度はありません。

そのため、原則として相手に通知されることはありません。

ただ、不公平弁済の点は、自己破産ならば破産管財人が回収したであろうということで、財産に加算されます。

偏頗弁済をしていると、その分が清算価値の財産として取り扱われ、返済額が増えることがあります。

 

一般論としては、このような結論になりますが、態様、金額によって、不審な点があると、裁判所が個人再生委員をつけて調査をさせる可能性もあります。

要調査とされた場合には、相手に連絡が行く可能性もあります。

この点は、依頼した弁護士としっかり調査・主張しておく必要があるでしょう。

 

個人再生については、多数の取扱がある当事務所までご相談ください。ご希望の方は以下のボタンよりお申し込みができます。

 

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

10/23相談会開催


厚木本店

10/22相談会開催

ページトップへ