横浜市の法律事務所。横浜市西口。土日夜間も相談可能。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.不貞慰謝料の相場は?

FAQ

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.不貞慰謝料の相場は?

不貞慰謝料についての相談は多いのです。

その中で、「これで不貞の証拠になるか?」という相談と同じくらい多いのが、慰謝料の相場観です。

いくらくらいの請求が良いのか、請求された慰謝料金額は妥当なのか等の相談です。

 

不貞慰謝料はどう決まる?

不貞慰謝料の金額は、どのような要素があるからこうだ、というように自動的に決まるものではありません。

複数の要素から決まるとされていますが、最終的には担当裁判官次第のところがあります。

ただ、多くの場合、不貞が原因で離婚になるかどうかが重要な要素になります。

また、不貞期間の長さも重要な要素とされます。

不貞行為の回数が数回という場合と、何年も、という場合では、金額は変わってきます。

 

不貞数回、離婚なし

最近の裁判例や文献を見ると、不貞によっても離婚にはなっておらず、婚姻関係が継続、不貞行為が数回という場合、慰謝料請求をして、裁判所で認められる額としては、数十万円台、高くて150万円程度といえるでしょう。

ここに特殊事情があるかを見ていくことになります。

 

不貞が数年、離婚あり

逆に、不貞関係が数年単位で続いている、長期間の交際により婚姻関係が破綻してしまったような場合で、離婚にまでなっているという場合には、慰謝料金額は上がります。

相場観としては、200~300万円程度ではないでしょうか。

ここに特殊事情があれば、数字としては500万円に近づくというイメージでしょう。

 

配偶者が高収入の場合は?

不貞が原因で離婚による慰謝料を請求する際、配偶者が高額所得者、高収入であることを理由に、慰謝料の金額も高額になるのではないかという人もいます。

たとえば、夫の年収が3000万円あるので、300万円の慰謝料では納得できないというような声です。

しかし、配偶者が高収入であることと不貞による慰謝料の額は、本来、関係ありません。

離婚に関していえば、結婚後に築いた資産は財産分与で請求でき、原則は2分の1、配偶者の資格等による場合には、このパーセンテージが多少下がるといった具合です。

財産という形で残っていれば、慰謝料よりも財産分与の請求が高額になります。

また、婚姻費用や養育費については、双方の収入から決まるので、相手が高収入であれば高額になっていきます。

 

交渉による高額な慰謝料の合意は?

慰謝料の相場というのは、裁判になった場合の金額です。

交渉や和解などで、相手が納得するのであれば、この金額に縛られる必要はありません。自由に取り決めて良いです。

相手が高額所得者の場合には、離婚の同意や婚姻費用が有効な交渉材料になります。

通常は、不貞をした配偶者からの離婚請求は、有責配偶者からの請求として認められません。

離婚ができない場合、養育費ではなく婚姻費用の支払いが必要になります。

養育費よりも婚姻費用の方が高額です。

配偶者は、早く離婚を成立させることができれば、婚姻費用の負担から解放されます。

しかし、有責配偶者の場合、裁判をやっても離婚が成立しないかもしれません。

そうすると、相手としては、最悪のケースとして離婚が成立せず、婚姻費用の支払を継続、よくても裁判離婚で解決まで数年単位で婚姻費用の支払を継続という考えになります。

このような支払と比べれば、早期解決のため、慰謝料を相場の倍払っても、離婚した方が経済的には良いと考えることもあります。

前提条件が揃うのであれば、このような交渉を進めることで、相場よりも高額な慰謝料が払われるケースはあるでしょう。

 

不貞慰謝料・離婚のご相談をご希望の方は、以下のボタンよりお申し込みできます。

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

横浜駅前事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒221-0834
横浜市神奈川区台町16-1
ソレイユ台町805

TEL:0120-141-961

8:00~20:00

 

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催


厚木本店

7/6相談会開催

ページトップへ